out-of-reality

ゲームの感想などを書いてます。

雑記(2020/06/07) 「揺り籠のカナリア」続き

揺り籠のカナリア貴美香ルートまで終わったところです。

 

ありすルートに関しては、FDという視点では割とオーソドックスだったかな造りだったかなと。

そんな中で、あの「子供」とのやり取りはちょっと考えさせられるものがあるというか、グッとくるものがありましたね。

「外の世界」のことを知っているだけに。

 

貴美香ルートについては、短いけどなんかすごかったというのが率直な感想でしょうか。

貴美香は中々にぶっ飛んだキャラなのですが、その芯には間違いなく善性が存在して。

だからある意味安心して(?)楽しむことが出来たと思います。

 

あとは、紬と結愛ですね。

キャラの位置づけ的に、この2人はラス前とオーラスにしようと最初に決めてました。

まずは紬から。

 

 

そう言えば、今週中に終われば良いなあとか言ってたけど、見事に無理でしたね。

まあ、予定なんてそんなものですよ・・・。