out-of-reality

ゲームの感想などを書いてます。

雑記-さくレットプレイ中(2020/09/26)

タイトルの通りですが、現在は「さくらの雲*スカアレットの恋」をプレイ中です。

作風が作風だけにいつも以上にマッタリ進行になっていますが、今のところは非常に楽しいですね。

 

キャラ同士の掛け合いが非常に良くて、また個々のキャラも魅力にあふれてると思います。

個人的に一番の推しキャラは蓮ちゃんですが、一方でアララギさんも気になるところ。

アララギさんの「名探偵」っていう呼びかけがとてもツボに刺さるというか、なんか良いなって思っちゃうんですよねえ。

この感覚は「ハピメア」の有栖の「お疲れ~」の台詞や、「ゆらうか」のすみれの「葵~」な台詞に近いものを感じます。

上手く言葉には出来ないんですが、まさに「何となく良い」感覚。

 

結末が分かるのは当分先だと思いますが、じっくりと進めたいと思います。

それまでネタバレを食らわないようにしないと・・・。

 

 

 

「さあ———解決編を始めなさい。名探偵」

雑記(2020/09/24)

かなり間が空いてしまいましたが。

とうとう「さくらの雲*スカアレットの恋」は着弾したので、ゆっくり進めていきたいと思います。

と言いつつ、あんまりダラダラ進めてるとネタバレを食らう可能性が高いので、1~2週間のうちには終えたいですね。

アメイジング・グレイス」の影響でハードルが爆上がりしてる本作品ですが、それを上回ってくれるものと信じています。

 

ちなみに、現時点での推しキャラは水神連ちゃんですね。

(まあツイッターのアイコンとか見れば一目瞭然ですが)

ただまあシナリオライター的に一筋縄ではいかない可能性も高いので、最終的にどうなることやら。

雑記(2020/08/11)

今も「アメイジング・グレイス」をまったり再プレイ中だったりします。

明日・明後日は時間が取れそうなので、そこである程度進めたいところ。

といいつつ、FGOの諸々が忙しくて、ついそっちに手が伸びてしまうんですがね・・・。

FGOに関しては、多少は石を残せた状態で夏イベントに突貫できそう。

水着イリヤは何ともしてもゲットしたいので。

あと、出来ればキアラさんも。

 

あとは、アレですね。

夏イベもいいけど、そろそろメインストーリーを進めて欲しいかも。

6章の前に5.5章みたいなのが挟まるのならなおさら。

割と生殺しの状態が続いておるので。

 

ちなみに、ブログを引っ越してからFGOに触れるのは初めてなんですが(多分)、どっかのタイミングで「FGOの推しキャラまとめ」みたいな記事も書きたいなと思っています。

 

さくらの雲*スカアレットの恋(体験版1)感想

さくレットの体験版1をプレイし終わったので、極力ネタバレにならない範囲で感想というか印象をまとめてみました。
なお基本的に、「あめぐれとの比較」という視点での感想になってます。

 

【キャラ】
・所長が思ったよりポンコツかわいい(なんとなくキリエっぽい)
・蓮の声がガチでかわいい
・遠子は結構「良い」性格をしている印象(単純な見た目通りではない?)
・メリッサは体験版の範囲だとちょっと影が薄いかな
加藤大尉が渋すぎる
・その他のサブキャラも、キャラがそれぞれ固定的でGOOD!

 

【全般】
・あめぐれと同レベルに掛け合いが面白い
・あめぐれをプレイしていると、一部の会話がより楽しめるかも
・相変わらず情報の開示が上手い
(どんな思考をしても、トム先生の掌の上に居る感がぬぐえない・・・)
・BGMや演出も上々

 

【システム】
・あめぐれをほぼ踏襲。概ね不満は無いがセーブデータの数は少ない。
 (あめぐれでセーブデータを使い果たした人は要注意)

 

結論としては、あめぐれが刺さった人はマストバイな作品かと思います!!!

雑記(2020/07/21)

今は「アメイジング・グレイス」を再プレイ中です。

といっても、仕事の(精神的な)負荷がちょっと高くて、あまり手を付けられていないんですが。

この後の4連休に間に、スパっと進めたいですね。

 

そういえば、「さくらの雲*スカアレットの恋」のOPムービーがきゃべつそふと様のファンボックス内で公開されましたね。

まさに「大正浪漫」な歌詞とメロディ、そして非常に良く動くムービー。

贔屓目なしでも今年のトップクラスのOPムービーだと思います。

これは本作の造り込みにも期待できそう・・・!!。

そんな中で特筆するとすればメリッサ

私服なシーンがあるのですが、反則といえるレベルで可愛いー。

(こういうのを出されると、店舗特典をツムツムしようかって思っちゃうんですよね・・・)

 

次のお楽しみは体験版ですね。

こちらももうすぐだと思いますので、期待しておきたいと思います。

クロスコンチェルト/あっぷりけ 感想

「未来へと続くこの道が、やがてあなたと交差する」

【評価ポイント】

個人的に一番評価が高い点としては、「サブタイトルの意味」でしょうか。

正確に言うと、その意味を理解した時の感動、ということになるんでしょうかね。

それを完全に理解できるのは最終盤になるわけですが、全てを読み終えて全てが分かると、穏やかで安らかな、そんな心持ちになりました。

登場人物の中では、やっぱり瑠璃がイチオシでしたね。

色々良いところはあるのですが、「どんなルートでも兄の幸福を望んでる」その在り方は、とても美しかったと思います。

【マイナスポイント】

まず第一に、シナリオ構成が「サクラノ詩」みたいな感じになってます。

加えて、ルート構成の序盤にサブキャラをもってきているためどうしても出だしのエンジンがかかりにくく、ルート間の格差も大きいものになってると感じました。

ぶっちゃけた話をしてしまうと、扱いとしては「瑠璃(のTrue)ルートとそれ以外」といっても過言ではないかと。

個人的な望みを言うのであれば、ルート構成はメインの4人に絞って、全てクリアしたのちにサブキャラのルートも別添的に見える方が良かったかなあと思いました。

【評価度】

評価度:8

瑠璃ルートに入るまでは「悪くはないんだけど、もう一歩かなあ」という印象だったのですが、瑠璃ルートで大きく評価があがりました。

また、主題歌に関しては19年作品の中でも間違いなく上位に入る秀作だと思っているので、そういった部分の加点も含めてこの値になってます。

【おすすめ度】

おすすめ度:7

マイナスポイントで触れた内容の関係上、積極的に進めるのはちょっと難しい感じです。

結局この作品は瑠璃ルートが刺さるか否かになると思っていて、それが分かるのがほぼラストなんですよね。

なので、「瑠璃というキャラが刺さりそうであればプレイしても良いかも」という感じになります。

【その他感想】

CFの支援のしながら、今まで寝かせちゃってた作品です。

優先順位をつけて消化していったら、このタイミングになっちゃったってだけなんですがね。

プレイした感想としては、「まあまあかな」といったところに落ち着く作品かと思います。

最終ルートの「入り」からエンディングに至るまでの流れは素晴らしいと思います。

ただ、そこに至るまでが中々「加点」しずらい作品でもあったと思いました。

そういった意味で、トータルで見たときには若干評価が下がっちゃうんですよね。

それでも、「何と何がクロスするのか」を理解した時の感動というか感覚は本当に得難いもので、それだけで「この作品をプレイしてよかった」と思った次第です。

誤解を覚悟で述べるとそこに表現されているのは、「先に向かう勇気」なんでしょうね、きっと。

 

さて、この作品。

アベンドもあったはずだけど、現状まだ未定とのこと。

個人的には「いつまで」みたいな拘りも無いので、最終的にちゃんと出てくれればそれでよいと思っています。

ただ、万一出ないことになると、また業界内での「CF」というものの扱いが悪くなるので、それだけは避けて欲しいところですね。

雑記(2020/06/29)

少し間が空きましたが。

結局次のプレイ作品は「クロスコンチェルト」になりました。

CF支援したものの今まで放置しちゃってたんですが、ちょうどよいタイミングなのでこの機会に進めようかと。

7月もフリーな状況なので、時間的猶予は割とある感じだったり。

 

それにしても、双子の妹って良いですよね。

姉・弟の組み合わせも結構好きですが、やっぱり兄・妹の方が好みかな。

まあ自分の中の双子キャラの原点は、互いに恋愛感情なぞ欠片も生まれ得ない棄てプリなわけですが。

 

ロスコンチェルトがどういう結末に辿りつく作品なのか、マッタリ楽しみたいと思います。