out-of-reality

ゲームの感想などを書いてます。

かけぬけ★青春スパーキング!/SAGA PLANETS 感想

f:id:cherge:20210124104551j:plain

【評価ポイント】

この作品における最大の評価ポイントは、やっぱりキャラの魅力ですね。

ヒロインが計6人いるわけですが、特徴であったり魅力であったりが上手いこと書き分けられていて、非常に好感が持てました。

特に、各ルートに入ってからの各々のヒロインが見せる笑顔やギャップは、それだけでこのゲームをやる価値があると思わせるものでした。
シナリオに関しては、(おそらく)Trueルート的な位置づけの橘花ルートは、話の展開も心理描写も見事で、素直に感動出来ました。

 

あと、主題歌に関しては2020年TOPの1つだと思っています。

【マイナスポイント】

シナリオゲーを期待していた人にとっては、なかなか評価しにくいゲームなのかなと感じました。

前述したように橘花ルートは非常にレベルが高いのですが、ルートロックがかかっているために到達するまでの道のりも結構遠いのがネックかなあと。

 

【評価度】

評価度:8

やや甘めな感もありますが、「キャラは抜群にレベルが高い」「橘花ルートは素晴らしい」という点を鑑みて、この評価になっています。

 

【おすすめ度】

おすすめ度:8

 

キャラゲーとして考えたら、十分以上の水準にあると思います。

 あと、システム回りは非常に洗礼されていて、そういった意味でもおすすめはしやすいかなと。

ただし、くれぐれも「シナリオゲー」としては考えないように。

【その他感想】

 

正直、最初は「ビミョーかなあ」と感じたのは事実でした。

主人公の考え方や行動がイマイチ「乗ってこなかった」こともあり、少し進めたところで長らく手が止まってました。

でも、各ヒロインのルートに入ってからは次第に共感できるようになり、またヒロインが皆可愛かったこともあり、あっという間に進めることが出来ました。

(響に関してはそのキャラ性ゆえ人によっては拒絶感が出かねないかなとも思いますが、私にとっては十分許容の範囲内だったのはラッキーでした)

 

単純にヒロインとしての魅力でいうと、理々が一番強かったかなと思います。

おっとりした性格(と容姿)をしている割にお茶目で、好奇心も強いところは非常に良かったです。

ただまあルートの出来も加味すると、橘花が一番でしょうかね。

普段はお調子者で「攻め」なタイプの彼女ですが、「受け」に回ると途端に照れて慌てる姿はとても可愛らしく、「いいキャラしてんなあ」と思ってました。

 

彼女の「正体」に関しては半分くらいは推察出来ていたので、何者なのか判明した際も驚きはなかったです。

ただ、その在り方というか行動方針というか心持ちは、私の心に深く刺さるものでした。

なんというか、「自分が彼女の立場だったらどうする?どう考える?」というのはゲームを進める中で常に頭をよぎっていました。

彼女の「高潔さ」と、すべてを理解した上での主人公の選択と行動。

それは、非常に美しく尊いものであったと思います。

こうして改めて振り返ってみて、想像以上に心に残ってるんだなあと実感しました。

 

彼らの選んだ先の未来に、幸多からんことを祈ってます。

 

保健室のセンセーとシャボン玉中毒の助手/ Citrus 感想

タンポポ花言葉は、真心の愛。そして、別離――――

【評価ポイント】

一番評価しているポイントは、丁寧な作品作りとクオリティそのものでしょうか。

低価格帯のゲームながら、総じてレベルが高い作品であったと思います。

CG、シナリオ、キャラ性、BGMどれをとってもフルプラ作品に引けを取らないと個人的に感じました(無論、攻略キャラは絞られてますが)。

【マイナスポイント】

重要なサブキャラの一部にビジュアルが無いのが、個人的に結構引っ掛かってしまいましたね。

普段であれば「まあロープラだし」で片付くものではあるのですが、全体的に丁寧な作品なだけに余計に目立った感があります。

あと、作品の在り方的にシロバナ以外のルートが作られる可能性は今後もゼロ(に限りなく近い)のも、「残念な点」ではありますね。

まあこれは仕方ないですが。

 

【評価度】

評価度:8

9をつけようかなとも思ったのですが、他作品とのバランスも鑑みて8になってます。

ただ、本当に良い作品ではあったと思います。

【おすすめ度】

おすすめ度:8

さくレット程ではないですが、広範囲の方にお勧めできる作品だと思います。

キャラデザやストーリー紹介などを確認して、興味がわいたらぜひ買ってほしいですね。

 

【その他感想】

プレイ序盤から、「あ、この作品は当たりだな」と確信しましたね。

キャラ付けやキャラ同士の掛け合い、テキストの運びが非常に丁寧で、かつ心地の良いものだったのがその理由です。

特にシロバナに関しては、加減を間違えるとうざいキャラに落ちかねないところを、上手くコントロールして、非常に愛らしいキャラに仕立てていたと思います。

他のキャラについては、やはり咲羽が印象に残ってますね。

ツンツンしているのに面倒見が良いという性格で、各キャラとの掛け合いも非常に楽しいものだったと思います。

彼女の存在は、蒼空にとっても非常に得難いものであったのは間違いないでしょう。

この作品がミドルプライス以上であれば真っ先に攻略候補になりそうですが、なんとも残念ですねえ・・・。

 

シナリオ面に目を向けると、「死」と「別離」というものをどう扱うかがこの作品の肝であったと思います。

「安易な方向には転がさず、さりとてただ悲劇的にするのではない」

そのような意思をこの作品からは感じました。

この作品の中に登場する3つの「別れ」。

それぞれにおいて、違った決断がもしかしたらあったのかもしれません。

ただ私としては、実際に選ばれた選択が「最もあるべき姿」であったと思いますし、美しい結末であったと思います。

 

別れることの寂寥感と、それでも前を向いて歩む勇気。

そんな、前向きで温かなメッセージを受け取れる得難い作品であったと思います。

この作品がもっと多くの方にプレイしてもらえることを願っております。

今後プレイ予定など

リアルの状況をモロに受け、すっかり更新が滞っておりますが・・・。

今後のプレイ予定ですが、まずは「保健室のセンセーとシャボン玉中毒の助手」をクリアしたいな、と。

出来れば今週末で終わらせたいと思っていますが、私の皮算用は当たった試しがないので、週中ぐらいにずれ込むかなあと。

で、そのあとは「ココロのカタチとイロとオト」に手を出そうかと思っています。

パケ絵が非常に好みだったこともあり、ちょっと気になってて。

次が、すっかり放置しちゃってる「かけぬけ」を終わらせられれば・・・。

20年発売のゲームはいったんそれで〆て、21年のゲームに移っていきたい所存です。

 

Favoriteの新作である「ハッピーライヴ ショウアップ!」と、きゃべつそふとから出るであろう「あまショコ2」は購入が確定しているのですが、そのほかはチェックがほとんどできてないので、これから確認していきたいなーと。

 

「ハラショウ」に関しては、テーマを上手くまとめきれば面白い作品に仕上がりそうなので、今から期待していたりします。

出来れば、今年の「さくレット」並みのものを期待したいところ。

 

 

そういえば、「サクラノ刻」はどうなったんでしょうねえ・・・。

早く、御桜稟と「ケリ」をつけたいなと思っているのですが。

雑記(2020/11/30)

およそ1か月振りの更新でしょうか。

まあ単純に書くことがなかったから更新が止まっていただけですが。

そろそろ積んでるゲームを再開しないとなあと思いつつ、なかなかその気にならないんですよね。

まあでも今年中にあと2,3つはクリアしたいので、いい加減エンジンをかけたいと思います。

 

と言いつつ、今日触れるのはFGOの話題。

こちらも以前ほど強烈なモチベはないのですが、それでもマイペースでやっております。

ここ最近は2部のストーリーを順に読み返してました(だから積ゲーが消化されないんですが)。

FGOのストーリーで一番好きなのはオルレアンなのですが、2部に限定するとアトランティスだったりします。

やはり「新生アルゴノーツ」は非常に熱く、またシャルロット・コルデーのヒロインムーブが本当に良いんですよねえ。

綺麗事だけでは無い情念が本当に美しい、みたいな感じでしょうか。

 

最新章であるオリュンポスから早数か月(マジで何か月たったよ・・)、ようやく5.5章が来そうな感じですね。

あの野郎はいい加減フルボッコにしたいと思っていたので、とても楽しみです。

クリスマスイベも別途あると思うので、12月はFGOで忙しそうですねー。

 

あれ?

とすると、積みゲー崩す時間がやっぱりないかも・・・。

さくらの雲*スカアレットのお気に入りシーン

発売から1か月ということで、さくレットのお気に入りシーンをいくつかピックアップしてコメントしたいな、と。

重篤なネタバレは避けたいと思うので、ある程度限定的にはなってしまいますが。

続きを読む

さくらの雲*スカアレットの恋/きゃべつそふと 感想

f:id:cherge:20201016215646j:plain

「あの桜の雲へさよなら」

【評価ポイント】

まず、総じてクオリティの高い作品であったと思います。

シナリオ、CGもさることながらBGMや演出に関しても「アメイジング・グレイス」から明らかにパワーアップしておりトップ水準であったと思います。

システム面ではセーブ数がもっと欲しいことを筆頭に幾つか改善点はありそうですが、問題ない水準ではあると思います。

 

【マイナスポイント】

あえて言うとすると、最後のルートの「敵」との最終対峙のシーンでもう少し盛り上がりが欲しかったかなとも思います。

解決法などは問題無いのですが、複数のシーンが途中でカットインすることもあり、すこし気勢を殺がれた感があったかなと思います。

【評価度】

評価度:10
これ以外の評価は無いでしょう。

作品が発表されてからずっと期待してた作品ですが、見事に応えてくれたと思います。

【おすすめ度】

おすすめ度:10

評価の度合いは変われど、ほぼすべての人にとって「面白い」と感じる作品なのではと思います。

シナリオ自体も良いのですが、キャラとの掛け合いであったり展開の仕方であったりが見事で、また読みやすい作品でもあると思います。

【その他感想】

まず最初に、この作品で一番賞賛出来る部分を。
それは「プレイしていて楽しい」ということだと私は思っています。
ハイクオリティなシナリオゲーは数あれど、ここまで「楽しい」と感じるゲームは今までプレイした記憶が無いです。
エロゲとしての「楽しさ」と、シナリオゲーとしての「感動」を見事に両立した作品だと思っており、その点にこそ最大級の賛辞を贈りたいと思いました。

以下は個別ルートに言及していますので、シナリオのネタバレが多分に含まれます。

まだクリアしてない方はご注意ください。

 

 

 


・遠子ルート
まず4章の終わりの部分などから、遠子が怪盗ヘイストと深い関係であることは(読み手にとっては)容易に想像がつきました。
そのうえで様々な描写から「メリッサが怪しい」方向にミスリードされたわけですが、この点についてはまんまと嵌っちゃいましたね。
とくに歯車を奪取する場面の描写でほぼ確信しちゃってたので、まあ上手いこと騙されました(くそぅ・・・)。
で、上でも記載したように遠子が犯人とつるんでることはあっさり分かります。
ですが、その件を追求するために司が遠子と対峙するシーンは、本当に感動的で心にくるものがありました。
「予想していたのに、なおこの衝動か・・・」というのが率直な感想。
司が遠子を、遠子が司を想い合っているのが読み手からすると痛いほどわかるので、1つ1つの言葉が凄く心に響きました。
また、リーメイとの過去の清算に関しても、お互いの心の機微が見事に表現されてて「私には裁く権利はない」と言った遠子と、その言を受け取ったリーメイの心情に思いをはせると、どことなく切なく、それでも少し暖かい心持ちになれました。

 

・蓮ルート
ひたすらに蓮ちゃんが可愛いルートでした。
あの「文」はちょっとズルいと思います。
また、「私に恋を、教えてくれますか」というセリフ。
心がときめくとは、こういう感情なのかと実感しました。
シーン描写だけでいえば「ありきたり」なのかもしれませんが、その描き方とBGMがあまりに秀逸で、刺さりまくりでした。
そして、背中合わせのCG・・・。
もともと「背中合わせの絵」は大変好きな構図なので、もう「ありがとうございました!!!」って感じでした。
その後の二人が付き合い出してからの展開もハチャメチャに面白く、正直スクショが止まりませんでした。
たまーに?蓮ちゃんが見せる「獲物を狙う」かのような表情も大層良かったと思います。
シナリオ的な話でいうと「この先のルートに向けての布石」な面が強かったですが、それでも非常に満足できたルートでした。

 

・メリッサルート
今までのルートとはうってかわって、かなり本格的なミステリでした。
カヤノの千里眼→未来視に関しては手記1章の段階で想定済みでしたが、それでも読みごたえがありましたね。
この辺の展開と描写が本当に上手いと思います。
犯人の推理に関しては、怪しいと踏んでた人物(とその動機)は的中したのですが、第二事件の凶器までは流石に推理できなかったですね(毒というのは早い段階で分かったのですが)。
それにしてもこのルートは、メリッサと遠子の関係性が本当に良かった。
どれだけお互いを思い合っているかが見事に描かれていて、思わず感動してしまいました。
本来であれば辛いはずの過去を微笑みを浮かべながら語るメリッサ。
もう、それが全てだったと思います。
あと、景虎さんがイケメン過ぎましたね。
シャオリィのことを語る愁いを帯びた彼の姿は、このゲームでも屈伸のCGかと思います。
その後の後日談はとてもクオリティの高いイチャラブで、ニマニマしながら進めてました。
私服メリッサかわいー。


とか能天気なことを考えてたら、あの展開・・・。
いや、話の持って行き方がヤバすぎるでしょ。
鳥肌が立ちっぱなしだし、アララギのあのセリフがちょうど頭によぎったタイミングでそのCG挟み込まれるし。
しかもOPのBGMが完璧に合わさるという仕掛け。
ここまで完璧な「引き」は、クロスコンチェルトの最終ルートへの入りを思わせる出来栄えでした。

 

・所長ルート
いわばグランド√なだけあって、その展開・熱量が半端じゃなかったです。
今までのルートでは掘り下げられなかった司の過去にもフォーカスした形となっていて、非常に読みごたえがあり感動的でした。
司の過去(と未来の情勢)を把握し、それでも司を「未来へ帰してやる」と言った時の所長の台詞と意気は、感情の全てを持って行かれるレベルで心に刺さり、咽び泣いてしまいました。

魔人と万斎の関係性については、「何かしらあるんだろうな」ぐらいにはあるんだろうなと思っていたのですが、はっきりと認識したのは「あの装置」が実際に登場したシーンぐらいだったでしょうか。

それと同時に、魔人に対する対抗策というものも何となく察することが出来ました。

思うがままに過去改変を行っていた彼が、その結末として消滅するのは何とも因果応報で、そういうところも「上手い」見せ方だなあと感心しました。

事件を全て解決して司が未来に旅立つまでのお話は、「るろ剣」の志々雄を倒した後と似た感覚で、こういう風情がある展開は非常に良いと思います。

(特に、雪葉の「償い」というワードが十本刀のそれと重なりました)

 

所長ルートを通して感じたのは、「時代の積み重ねの重さ」でしょうか。

今あるこの時代が、多くの人の不断の努力によって成り立っているということ。

皆の努力の結果、所長が美しいと表現した元号から「さよなら」した司。

彼ならきっと「より良い」未来を築いてくれるものでしょう。

魔人が過去にまで転移して何を改変したかったのかは分からないままでしたが、願わくば彼が本来叶えたかったことも叶っていればと思います。

 

 

最後に。

「さくらの雲*スカアレットの恋」という素晴らしい作品を生み出してくださった、きゃべつそふと様とスタッフの皆さまに謝辞を。

作品が発表されたときから期待感MAXであったにも関わらず、その高いハードルを余裕で飛び越えていったことには驚きと感動しかありません。

本当に、本当にありがとうございました。

どうか再び、今作のような素晴らしい作品を作っていただけることを祈っております。

 

あと、アララギちゃん攻略ルートがないバグは早急に解消していただけると助かります<(_ _)>。

雑記-さくレットプレイ中(2020/09/26)

タイトルの通りですが、現在は「さくらの雲*スカアレットの恋」をプレイ中です。

作風が作風だけにいつも以上にマッタリ進行になっていますが、今のところは非常に楽しいですね。

 

キャラ同士の掛け合いが非常に良くて、また個々のキャラも魅力にあふれてると思います。

個人的に一番の推しキャラは蓮ちゃんですが、一方でアララギさんも気になるところ。

アララギさんの「名探偵」っていう呼びかけがとてもツボに刺さるというか、なんか良いなって思っちゃうんですよねえ。

この感覚は「ハピメア」の有栖の「お疲れ~」の台詞や、「ゆらうか」のすみれの「葵~」な台詞に近いものを感じます。

上手く言葉には出来ないんですが、まさに「何となく良い」感覚。

 

結末が分かるのは当分先だと思いますが、じっくりと進めたいと思います。

それまでネタバレを食らわないようにしないと・・・。

 

 

 

「さあ———解決編を始めなさい。名探偵」